【翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 33話【ネタバレと感想】

カテゴリー
悪女は砂時計をひっくり返す

無料漫画アプリ・ピッコマにて配信中の「悪女は砂時計をひっくり返す」の翻訳・感想です。
ネタバレ注意です!

あらすじ

売春婦だった母が伯爵と結婚し、貴族の一員となり生活が一変した「アリア」
妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた…!
「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したが――!(ピッコマより抜粋)

33話ネタバレ

チューリップの花束を持った皇太子が現れる

「また会いたかったよ」

と、アースは言います。
しかし、アニーはこっそりとアリアに忠告をします。
通りの方から見上げていました、と。
アリアは、警戒しながらもジェシーとアニーに別のテーブルに行くよう指示を出しました。
彼と2人でお茶を飲むためです。
ジェシーとアニーは心配しながらも、別のテーブルへと移動しました。

アリアは、誰か分からない人と会うのは好きじゃないと言います。
それに対して、偶然見かけただけだと言いました。
しかし、アリアは渡されたチューリップの花束は、

・皇居の近くのショップにしか販売されていないこと
・そのショップは宮殿で直接栽培された物を仕入れていること

以上を知っていました。
そのため、皇居がとても遠いのに、私を偶然見かけた後に買いに行くのは不可能だと言いました。
事前に準備していたのでは、と言いますがアースははぐらかすだけでした。

アース、アリアに会議に出席しないか誘う

アースは、毛皮の商売の話を上げました。
アリアの反応を見て、そのアイデアはアリアが出した物だと確信を持ちす。

そこでアースは、彼が主催する小さな会議に出席してみないかと誘います。
女性として参加するのではなく、その知識を共有しないかと言ったのです。
会議の内容は、社会・政治・経済についてで、アリアの意見を聞きたいと。

アリアは喜びました。

・将来お金を稼ぐために、その分野でより多くの知識が必要だったため
・普通、そのような話題は男性が率先して取るので、女性は多くの情報を取得するのが難しいため
・男性のための集まりだから、行く機会が無かった

この機会を失いたくない。
だけど、私は本当にこの男の事を何も知らないため、信用できるのか―。
アリアの中で葛藤が生まれました。
そんなアリアを見て、アースはすぐに答えを出さなくてもいいと言って去るのでした。

アリアの中でアースの印象が変わる

アースの事をただの遊び人だと思っていましたが、今の誠実な対応を見て、少し見直したようです。

後日、レインがやってくる

いつものごとく、ミエールに贈り物を届に伯爵邸にレインがやってきました。
しかし、今回は花束を2つ持っていました。
ミエールにはユリの花束を、アリアには前回持ってきた物と同じチューリップの花束を手渡します。
と、そこでレインがぽろっと衝撃発言!

「私のご主人様のの庭園で育った花です」

アリア
( ゚д゚)

33話感想

アリアが、アースに会議に出席しないかって誘われて、喜ぶシーンがありました。
てっきり、毛皮のアイデアがアリアが出しものだってわかったから、認められたと思って喜んだのかなって思ったんですよ。
そしたら、お金を稼ぐのに(・∀・)イイネ!!って内容だったのでwお互い恋愛感情を持つようになるのはいつになるんだろう…。
レインが、花束をご主人様の庭園で育った花ですって言ったって事は…皇太子だって分かったって事ですかね??
アリアは宮殿で栽培した花だって知ってるわけなので…。
次回もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました