【翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 82話【ネタバレと感想】

カテゴリー
ある日、お姫様になってしまった件について
無料漫画アプリ・ピッコマにて配信中の「ある日、お姫様になってしまった件について」の翻訳・感想です。
ネタバレ注意です!

あらすじ

ある日、目覚めたらお姫様になってしまった…!?皇族に生まれ変わったのはいいけれど、よりによって実父の手で殺められる悲運のお姫様なんて!!血も涙もない冷血な皇帝・クロード。死にたくないなら彼の目に留まってはいけない…なのに!!!「いつからこんな虫けらがいたんだ?」早速、皇帝の目に留まってしまったアタナシア。果して彼女は生き残れるだろうか。「私……どうしよう……!?」(ピッコマより抜粋)

登場人物

アタナシア


この物語の主人公のお姫様です。『かわいらしいお姫さま』の物語上では、サブキャラという設定です。
クロードに殺されないよう頑張ってます。

クロード


オベリア帝国の皇帝陛下であり、アタナシアの父。
今はアタナシアを守るために魔法を使った反動で、アタナシアの事を忘れてしまいました。

ジェニット


『かわいらしいお姫様』の物語上では、ヒロインの設定です。

アナスタシウスとクロードの元婚約者の娘ですが、周囲の影響で本人はクロードの隠し子だと思っています。

 

ルーカス

世界一の魔法使い。アタナシアの命の恩人です。

アナスタシウス

クロードの兄です。謎の男、とか紳士様って言われてます。
以前は金髪に宝石眼だったのですが、今は黒髪になってます。

イゼキエルの父であり、ジェニットの叔父にあたります。

82話ネタバレ

アナスタシウスの回想

前回の続きで、ジェニットとアナスタシウスの会話からスタートになります。

「ひとりぼっちになったように感じました」
「ひとりぼっちとは…?」

「イゼキエルと紳士様は、私に良くしてくれますが…最近は、距離を感じるのです。
血が繋がった家族なら、こうはならないでしょう…。姫様と陛下に真実を伝えられれば…」

と、言いかけて口を噤みます。
以前、アナスタシウスはこの話題で怒って出て行ったため、思わずジェニットは話を止めました。

「私は楽観的に考えすぎですか…?」

ジェニットは恐る恐る尋ねると、

「どうでしょう。無条件の愛と信頼こそが、本当の意味での…」

アナスタシウスは少し苛ついたように答えます。
そして過去の出来事を思い出します。

―――
――

「皇位に上がれたのは誰のおかげだと思っている!?」

皇后の怒鳴り声に、幼いアナスタシアは立ち竦みました。

「私に魔力が無いからと見下すだけでなく…っ!私生児を産んで宮中に居れるなんて!!」

「皇后さま、落ち着いてください!」

暴れる皇后を懸命に宥めるメイド達。

「皇太子様、破片が危ないのでお下がり下さい…」

執事?は下がらせようとしますが、アナスタシウスは一歩前に出ます。

「母上、お願いですから落ち着いて下さい…」

アナスタシウスの懇願を無視し、皇后は更に声を荒げました。
そして、『皇太子よ!』と叫び言葉を続けます。

「あなたに母の痛みが分かりますか?こんな侮辱されては生きていけないわ…」

皇后は泣きながらアナスタシウスに訴え、そしてその小さな肩を力強く掴みます。

「私にはあなたしか居ないのよ!アナスタシウス、必ず皇帝になりなさい!」

 

「あなたはお母さんを愛してるわよね?」

 

呪いのように吐き出された言葉。

そして、別の人物が記憶の中から?語り掛けます。

『愚か者め』
『感情に流されて、またすべてを台無しにするつもりか?』
『お前が同情した家族は、結局何を与えたんだ?』

アナスタシウスの心変わり?

「紳士様?」

過去を振り返ったアナスタシウス。

「可能性はあると思います。血は水よりも濃いと言いますからね」
「?」

以前と違う事を言うアナスタシウスに、ジェニットは疑問を感じます。

疲れちゃったから同意してるのかな?
ううん、彼は…

ジェニットは、アナスタシウスに感じる『違和感』に徐々に感づいている様子です。

「無限の愛と信頼を分かち合える家族がいたら、本当に素晴らしいことだと思います」

「は、はい…」

まるで別人の様に言うアナスタシウスに戸惑うジェニット。

「私もそのような家族を持ちたいです」

アルフィアス邸に滞在する理由も、家族の話題になるたびに皮肉を言う理由も分かりません。
そのため、アナスタシウスにも家族の事情があるのかなと、ジェニットは思います。

「そろそろ中へ戻りませんか?」

そう言うと、アナスタシウスは席を立ちました。
2人は中へ入ると、

「暗いから足元に気をつけて下さいね」

とアナスタシウスは優しい言葉を掛けます。
するとジェニットは、少し言うか迷いつつも懸命に言いました。

「困っている事があったら、私がいつでもお話を聞きますよ!」

その言葉を聞き、アナスタシウスは唖然としました。

「私の悩み事をいつも聞いてもらっているので、何かお役に立ちたくて…!」

必死に訴えるジェニット。

アナスタシウスは何を思ったか、ジェニットの頭に勢い良く手を置きます。

「!?!?」

勢いがあったため、頭を叩かれたようにも思えたため、ジェニットはかなり驚きました。

「すみません、思わず」

しかし、ジェニットは

今頭を撫でられたのかな?

と、嬉しそうです。

アナスタシウスは自分の手を不思議そうに見つめます。
そして―――

「おやすみなさい、レディ」

ジェニットの孤独

本日もアタナシア、クロード、ジェニットの3人でお茶会が開かれました。

「日差しが強くて暑いので、中に入りますか?」
「そうですね」

アタナシア達は中へ移動を始めます。
すると、移動する際にアタナシアのドレスの裾がティーポットに引っ掛かり、ティーポットがワゴンから落ちてしまいそうになります。
それをじっと見るクロード。
ティーポットが落ちる先は、アタナシアの足です。

落ちるティーポット。咄嗟にクロードは素手でティーポットを空中で掴みました。

「パ、パパ!!」
「大変、陛下の手が!!」
「ルーカスを呼んで!」

周囲は大騒ぎとなります。
熱々のティーポットを素手で掴んだクロードの手は、赤く腫れて痛々しいです。

「何で掴んだの!?」
「落ちてたから掴んだ」
「だからって素手で掴む?ただでさえ体の調子が良くないのに!」

クロードの手を掴んで離さないアタナシア。

「この程度、魔法を使えばすぐに治る…」
「ダメ、ダメ!魔法は使わない!ルーカスが来るから待ってて!」

アタナシアはどうしよう、と慌てます。

パパがまたケガをした!
ティーポットが落ちて、私にかかりそうだったからパパが掴んだんだ…。

「あの…陛下は体調が優れないのでしょうか…?」

ジェニットが心配そうに声を掛けます。
しかし、アタナシアは

「マグリタさん!今日の所は帰ってもらっても良いですか?すみません…」

言うと、ジェニットを送るようにとメイドに言いつけます。

「私…」
「姫様、お呼びでしょうか?」

何か言いかけたジェニットの横を通り過ぎるルーカス。

「陛下が怪我をされたそうですが」
「お湯が手にかかり、火傷をしたの。パパは大丈夫だよね?」

ずっとクロードの手を握るアタナシア。
それを傍で見るルーカス。

3人を遠くから見て孤独感を覚えるジェニット。

 

「マグリタ様。帰りは私がご案内します」
「はい…」

メイドと共に場を去るジェニット。
その様子をルーカスは見つめます。

 

あの女、いつもあんな感じだったか?

と思いながら。

82話感想

ジェニットとアナスタシウス…いいですよね…。この組み合わせ…。尊すぎて言葉を失います…。
アナスタシウスの頭の撫で方が独特すぎですね。最初叩いたのかと思いました。でも、ジェニットは頭を撫でてくれたのかな?って気付きましたね。親子だから分かったのでしょうか??

ほとんどクロードは無意識でアタナシアの事を助けてましたね。やっぱり、アタナシアの事が大事なんですね…尊いです。クロードが怪我をして、部外者扱いのジェニット。可哀そうです。アタナシアにはそんなつもりは無いんでしょうけど、実際やられたら傷付きますね。

ルーカスの最後の、「あんな感じだったか?」って言葉。あれは前回見たような黒いモヤモヤの事を言ってるのでしょうか。ジェニット闇落ちしないでね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました