【翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 66話【ネタバレと感想】

カテゴリー
ある日、お姫様になってしまった件について
無料漫画アプリ・ピッコマにて配信中の「ある日、お姫様になってしまった件について」の翻訳・感想です。
ネタバレ注意です!

あらすじ

ある日、目覚めたらお姫様になってしまった…!?皇族に生まれ変わったのはいいけれど、よりによって実父の手で殺められる悲運のお姫様なんて!!血も涙もない冷血な皇帝・クロード。死にたくないなら彼の目に留まってはいけない…なのに!!!「いつからこんな虫けらがいたんだ?」早速、皇帝の目に留まってしまったアタナシア。果して彼女は生き残れるだろうか。「私……どうしよう……!?」(ピッコマより抜粋)

66話ネタバレ

登場人物

けっこう登場人物が多く、混乱気味なのでメモっときます

アタナシア


この物語の主人公のお姫様です。『かわいらしいお姫さま』の物語上では、サブキャラという設定です。
クロードに殺されないよう頑張ってます。

クロード


オベリア帝国の皇帝陛下であり、アタナシアの父。
今はアタナシアを守るために魔法を使った反動で、アタナシアの事を忘れてしまいました。

ジェニット


『かわいらしいお姫様』の物語上では、ヒロインの設定です。

アナスタシウスとクロードの元婚約者の娘ですが、周囲の影響で本人はクロードの隠し子だと思っています。

アナスタシウス


クロードの兄です。謎の男、とか紳士様って言われてます。
以前は金髪に宝石眼だったのですが、今は黒髪になってます。

シロおじさん(ロジャー・アルフィアス)


イゼキエルの父であり、ジェニットの叔父にあたります。

アナスタシウスの答え

前回は、アナスタシウスがジェニットの相談を受けるところで終わりました。

ジェニットの相談にアナスタシウスは、あなたが心配ですと答えました。

突如言われた意味の分からない言葉に、ジェニットは首を傾げました。

そしてアナスタシウスは口を開きました。
陛下と姫様は本当にあなたを家族だと受け入れるのでしょうか?

思いも寄らぬ言葉にジェニットは言葉を失いました。

しかしジェニットは、自分に言い聞かせるように
当たり前です。血が繋がっているのですから
と言い返しました。

アナスタシウスは意地悪く言葉を続けます。
しかし、それは彼らもそう思っていることなのでしょうか?

ジェニットは俯き、わかりませんと答えます。

その後もアナスタシウスはジェニットを追い詰めるように言葉を重ねます。

「あなたが妹と知って、姫様は喜ぶのでしょうか
王位継承者は アタナシア姫じゃないのか?
好むと好まざるとに関わらず、あなたの存在は彼女の地位を揺るがすだろう」

「そんなことありません!」

ジェニットが強く否定をし、ようやく黙るアナスタシウス。

アナスタシウスは襟元を正すと、詫びの言葉を延べます。
「あなたが血筋だけで無条件の愛を受け入れてもらえると信じているようだったので心配しました」と。

しかし、まくし立てるように言い続けました。
「愛は無限ではありません。
あなたも気付いてるはずだ、彼は愛にあふれた人では無い。
アタナシア姫が失踪する前に、彼にに近づく事はできたか?
あなたが家族であるという理由だけで、彼が腕を広げて歓迎すると思うか?」

ジェニットは手を強く握り絞め、精いっぱいの言葉で返しました。
「あなたの言い方はまるで、陛下とご対面したことがあるのかのようです」

瞬間、アナスタシウスから表情が消えました。

ジェニットは慌てて謝りました。

タイミング良く扉をノックする音が聞こえました。
扉をノックしたのはシロおじさんです。

シロおじさんは、客と話したい事があるので帰るように伝えます。

助けられたと思い、ジェニットは慌ててその場を後にするのでした。

ジェニットの不安

ジェニットは彼を怒らせてしまったと気にすると同時に、先に悪口を言ってきたのは彼だから…とモヤモヤします。
そしてアナスタシウスの言葉を思い返しました。
『あなたが妹だと知って、姫様は喜ぶのでしょうか』

だから、ジェニットは―…。

アタナシアとジェニット

自室で本を読むアタナシア。

すると、扉をノックする音が聞こえたので、開けてみるとそこには陰鬱な表情のジェニットが立っていました。

いつも笑っているジェニットが暗い顔をしていたので、アタナシアはどうかしたのかと心配します。
ジェニットは口に出すのをためらいましたが、やがて勇気を振り絞って声に出します。

もし私が‥本当の妹だったらどう思いますか?

その言葉に、アタナシアは動揺を隠せず、また何も答えられませんでした―。

66話感想

現在、ピッコマでは65話まで公開されていたので、続きが気になって66話から読み進めています。
この作者さん(Spoon)は絵がとても丁寧で綺麗で大好きです!女の子は可愛いし、男の子はイケメンだし最高ですよね。

アナスタシウスですが、家族愛を語るジェニットにイラっとしてますね。子供相手にみっともないw
ジェニットは家族愛を求めているだけなのです。イゼキエルとシロおじさんのように、本当の血の繋がりを持った家族が恋しいだけです。感情で動いちゃってる感じですね。対して、アナスタシウスは理屈派。
ジェニットに本当の姉だったらどう思うか聞かれ、答えられなかったアタナシア。
ジェニットの事は好きだけど、やっぱりクロードを取られるのが怖かったんでしょうか…。

前回

コメント

タイトルとURLをコピーしました