【翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 43話【ネタバレと感想】

カテゴリー
悪女は砂時計をひっくり返す

 

無料漫画アプリ・ピッコマにて配信中の「悪女は砂時計をひっくり返す」の翻訳・感想です。
ネタバレ注意です!

あらすじ

売春婦だった母が伯爵と結婚し、貴族の一員となり生活が一変した「アリア」
妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた…!
「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したが――!(ピッコマより抜粋)

43話ネタバレ

アリアの誕生日パーティー

アリアは、自分の誕生日パーティーを質素なものにしたいと言います。
その言葉に驚くジェシー。

アリアの誕生日パーティーのすぐ後に、ミエールの誕生日パーティーが控えているからです。それに、ミエールはそのパーティーにイシス公女も呼んでいるため、大規模で開く事が予想されます。
だから、アリアのパーティーは質素なもので良いのか尋ねたのです。

しかし、アリアは意見を変えません。
誕生日パーティーで目立ちたくないのと、サラが忙しくて少ししか来られないのためです。

そして、匿名でチューリップの花が贈られてきました。
この特徴のあるチューリップ。
匿名で贈っても意味が無いでしょう、と思わず笑みがこぼれるのでした。

ミエールの誕生日パーティー

アリアの質素な誕生日パーティーは終わり、すぐにミエールの誕生日パーティーが開かれました。

周囲の人々は、ひそひそとアリアの悪口を言います。
それに対してアニーは怒りを露わにしました。

彼らに口の利き方を教えに行くべきでは、と息を撒くアニーに対してアリアは冷静に対処します。
私も招待状をもらって来たのだから、何も気にしなくていい、と。

いつもは招待されないのに、今回はなぜ呼ばれたのか。
彼女が何を企んでいるのか、噂を聞くよりも実際見てみよう―。そう思いながらお茶を飲みます。

そして、ミエールが入場すると、歓声があがりました。
水色の可愛らしいドレスにアップスタイルのミエール、その隣には正装したオスカー。

しばらくすると、イシスが二人に代わって話したい事がある、と声を上げます。

その内容は、ミエールとオスカーの婚約発表でした。
次いで、ミエールが成人したら婚約式を挙げるので参加してほしい。イシスがそう話すと、会場はさらに盛り上がりました。

幸せそうなミエールに、どこか冷めたような顔をするオスカー。

オスカーがミエールの手を取り、左手の薬指に指輪をはめます。一連の流れを見たアリアは、逃げるようにこの場を去るのでした。

アリアの決意

アリアが逃げ込んだ先は―オスカーとの思い出の場所である室内庭園でした。

おいかけてきたアニーに、しばらく一人になりたいと言います。

アリアは噴水に腰を掛けると思いに老けます。

オスカーに恋愛感情があるわけじゃなかった。
彼はミエールに対する最高の武器だった。
だから、彼を失った喪失感に苛まれました。

自室に帰ると、部屋の入口にプレゼントが置かれているのに気が付きました

封を開けてみると、それは赤いブローチでした。以前、オスカーに上げたブローチと似ています。

ミエールを選んだのに何でプレゼントを贈るの?

苛立ったアリアは、ブローチを持った手を振り上げて壊そうとします。
しかし、アースからもらったチューリップを見て平静さを取り戻しました。

今の自分は昔とは違う。
これまでに築いてきた資産、繋がり、力を無下にするような事をしてはいけない。
ミエールが権力を握るまでにはまだ時間がある。
だから、その時までは、今まで通り頑張ろう。何もしなかったら死ぬだけだから。
今回は人生を諦めないわ。

アリアは、自分にそう言い聞かせるのでした。

アリアの対抗

ディナーは、ミエールの婚約の話で盛り上がります。
イシス公女の結婚後に婚約式を挙げたいと言うミエール。

そこで、アリアは胸元に飾った赤いブローチを見せて似合うか聞きました。
ミエールがオスカーからもらったブローチと似ている気がする、と一言付け加えて。

赤い薔薇のこのデザイン。もしかしたら…

ミエールは不安そうな表情を浮かべます。
その表情を見て、さらにアリアは追い打ちをかけるように言いました。

フレデリックのエンムブレムに似ていて綺麗ね、と。

自室に戻ると、ミエールは時計を壁に投げ捨てました

オスカー様は私のものなのに、あの悪魔は何を考えているの…!?

怒り狂うミエール。
傍ではエマが心配そうに見守ります。

43話感想

うわあああああ!!
とうとうミエールとオスカー婚約しちゃいましたね!ショックー!!
オスカーはずっと死んだ魚のような目をしてましたよ。投げやりっていうか、言いなりっていうか、、何を考えているんでしょうね。
まぁ、ミエールの事が好きじゃないのは確かなようなので、貴族って大変ですね。
ミエールを選んだのにアリアにプレゼントを贈ったら、そりゃ激おこですよ。
オスカーなりのお詫びのつもりでしょうか…?
アリアの質素なパーティーを挙げる理由に、『サラが少ししか来られないため』がありましたね。
この2人本当に仲良しですよね。
最初はサラの事利用するつもりで仲良くしただけのに、アリアはサラの事が大好きになったんでしょうね、きっと、
今回はアリアがやられちゃった感じなので、次回は挽回してくれるのでしょうか。
次回も楽しみですねー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました